SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ JIN -仁-(6)

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/15 (Sun) 22:15
JIN -仁-(6)

プロデュース/石丸彰彦・津留正明
原作/村上もとか 脚本/森下佳子
演出/山室大輔

おもしろかったです。1時間があっという間です。
原作をあることを別にしても脚本はやはりすばらしいと
思います。
ただ、話的にはちょっとご都合展開や笑ってしまう展開もあり、
微妙だったかもしれません。
も話を詰め込みすぎて話の密度が高くて
無理にそうせざるえなかったのかもしれません。
でも女性脚本家とは思えない展開に多少
苦笑いしましたけどね(苦笑)
一方で、咲と野風の心情をうまく描いていました。
そのあたりは女性の脚本家らしい繊細さを感じました。

それにしても内野さんの龍馬がいいです。
かなり熱いですけど、内野さんの演技力がすごいです。
もはや演技を超えて龍馬そのものに見えます。

武田鉄矢さんの緒方洪庵先生もかなりの熱演でした。
佐分利を諭し説教するシーンよかったですね。
ほとんど金八先生みたいになってましたけど、
演技力はさすがですね。
でも次回でもしかすると・・・。

今回の演出は疑問に感じた第3話の山室さん
でしたけど特に問題なかったと思いました。

仁にペニシリンの精製法を教えた未来とそれが
きっかけで二人は恋人同士になれたわけですから、
ペニシリンを仁が精製したことにより、
恋人同士で無くなることが推察できます。
もしかすればこの時点で仁が現代に戻っていれば、
ただの同僚になっていたのかもしれません。

ところが今回、いままで写真が次々を変化してのですが、
また元に戻ってました。一歩後退ですね。
そのことからも未来と仁の二人の関係も
また変わっていることが推察できると思います。

仁が歴史を変える覚悟で江戸のペニシリンを精製したことにより
未来は重い病気にはならないようになったにもかかわらず、
今回の話と次回の予告からどうやら歴史の矯正がかかり、
現代はまた変わったのかもしれません。
私はこういう未来が変わるタイムスリップものが昔から好きです。
これらは原作にない設定ですから、
原作のタイムスリップというの使った
うまい物語を入れてきたものだと感心します。

それにしても最後に仁が持っていた
平成二十二年の10円硬貨にどういった意味が
あるのでしょうか。次回も見逃せません。
スポンサーサイト

<< 相棒 season8(4) | ホーム | 藤田さん降板 >>

コメント

こんばんは

JIN、第6話も面白かったですね
最後の10円玉が気になります

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。