SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 不毛地帯(4)

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/06 (Fri) 18:54
不毛地帯(4)

原作/山崎豊子 脚本/橋部敦子
演出/平野眞

今回で柳葉敏郎さんの出番は終了しました。
もっと泣かせる展開になるのかなと思ったのですが、
そうでもなく淡々と話は進んでいきました。
淡々と話は進んでいきますが、
かなり重い内容です。
重いですがおもしろいと私は思います。

画面もやはり暗いです。
重みを出すためにフィルム撮影っぽい映像加工を
施して、さらにおそらくフレームレート(秒間の映像のコマ数)
を落としてフィルムに近いレートにしていると思われます。
正直そこまではしなくてもよかったんじゃないかなと
思います。

視聴率はかなり厳しいことなっていて
二桁を切ってしまい9.9%となりました。
このまま全20回を完走できるのか心配に
なってきました。
途中から入ってくる視聴者には厳しそうな
内容ですから今後もよほどのことがないかぎり
数字の上昇は難しいと思います。
フジテレビは視聴率20%を目指していたようですが、
どう考えても題材的に取れる内容ではないと思います。
そこのあたりの企画の意図がちょっと疑問です。
数字度外視で本格的なドラマ作りを当初から目指していた
のならそれはいいことだと思うのですけどね。

音楽も正直なところあまりいいと思えないですし、
カメラワークなどの撮影手法も最近はやりの手法を
まったく使ってません。
感情の起伏を表現するための不自然なアップなども
多様されていません。これらはどうやら意図的のようです。
白い巨塔と完全に逆の映像作りをしているようですから
私はこれはこれでいいと思います。

こういった本格派のドラマ今はありませんから
私は最後まで見るつもりです。
スポンサーサイト

<< ウィリアムス投手退団 | ホーム | 松本清張のゼロの焦点 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。