SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ JIN -仁-(4)

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/01 (Sun) 22:39
JIN -仁-(4)

プロデュース/石丸彰彦・津留正明
原作/村上もとか 脚本/森下佳子
演出/川嶋龍太朗

監督が替わりました。
先週にくらべて過剰な演出もなく、非常にいい出来でした。
もう山室監督はいらないです、正直言って・・・。

脚本もすばらしいの一言に尽きます。。
MISIAが歌う主題歌ものバラードも非常にいいです。

江戸の風景と町が非常に美しく、また広く感じます。
これは手狭な東映京都太秦で撮ってないからだと思われます。

俳優陣の演技もいいです。
今回江戸時代編初登場の中谷さん非常によかったです。
花魁の野風役、非常に美しくて品があり、凛としてました。
野風が仁に惹かれていく過程も非常に自然でした。

仁が持っていた写真がどんどん変わっていました。
そこには病人の未来ではなく元気な
未来が写っていました。
ドラマで仁が言っていたように野風は未来自身ではなく、
未来のご先祖さんかそれとも、未来の前世なのかもしれません。
江戸時代で二人が運命の出会いをしたことにより、
良い方向に現代が変わったのかもしれません。
過去の改変により現代の事象も影響を受ける
タイムパラドックスが起こったのかもしれません。
個人的にこういう展開非常に好きですね。

来週は江戸時代にペニシリンが発見される話みたいです。
非常に楽しみです。
ただ、ペニシリンと呼ばれる抗生物質が発見開発されることにより、
助かる人が劇的に増えます。これが未来にどう
影響をあたえるのでしょうか。
視聴率は先週と同じ17.2%で安定しています。
スポンサーサイト

<< 昨日の解説 | ホーム | 見たい映画 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。