SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 必殺仕事人2009(19)

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/13 (Sat) 17:08
必殺仕事人2009(19)

第19話(全22話) 玉の輿
脚本/瀧本智行 監督/山下智彦

如月がメインの話でした。

江戸一番の呉服屋の主人の妻に納まるために
殺害して後妻におさまったお鈴。

ふとしたことがきっかけでその姉のおみつと
知り合う如月。
如月は姉の玉櫛に合うために江戸に来たのですが、
その姉は殺されてしました。
(1月に放映された2009スペシャルで斬殺されてます)
おみつをまるで自分の本当の姉のように慕い、
仲良くなっていきます。

ところがお鈴は今度は主人すらも何者かに命じて
殺し、姉のおすずまでも過去の自分の
父の殺害の件の口封じのために、
そして如月までも殺そうとします。
如月は涼次が助けられ間一髪でしたが、
おみつは命を落としてしまいます。
おみつの最後の如月に対する
笑顔が強く印象に残りました。

この妹の姉に対する、主人に対する
極悪ぶりは見事でしたが、
悪女になってしまったいきさつと心情が
もっと丁寧に描かれていれば印象が変わったと
思いますが、今回の話を見るだけでは悪女という
ことだけしか印象が残りませんでした。

本当の姉のように慕っていたおみつを
殺された如月は自分の本当の姉のことも
重ねあわせると考えると
本当に無念だったと思いますし、
自分の手で復讐もしたかったと思います。

だけどそこは、涼次が怨みをはらしてくれる
仕事人の存在を教えます。
如月自身が、自分たちと同じように
手を汚してはいけない、地獄行きになってはいけない、
玉櫛のように殺されてはいけないと思ったから
その存在を教えたのだと思います。

今回も総じてよかったと思いますが、
脚本上で細部での心情の描写、というか台詞が
不足していたために少々いまいち
感動が伝わりにくい部分があったのは
否めないと思います。
演出は山下監督らしく手堅いものでした。
特に不満点はなかったですね。

視聴率は裏の赤い霊柩車と千と千尋を前に
苦戦を強いられ、関東9.6%関西13.2%でした。
スポンサーサイト

<< MR.BRAIN(4) | ホーム | 価格差 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。