SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 木枯し紋次郎

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/02 (Sat) 20:48
木枯し紋次郎

原作/笹沢左保 脚本/田村 惠 
監督/河毛俊作(フジテレビ)
制作協力/映像京都 制作/C.A.L、フジテレビ

今回は裏に必殺仕事人2009がかぶっていました。
必殺を録画して、こちらを見ました。

中村敦夫さんのオリジナルを作ったC.A.Lが
今回も制作を担当ですが、
この会社が作っている最近の水戸黄門は
正直ほめられた出来とはいえないので
どうなることかと思ったのですが、
これが意外と良い出来でした。

中村敦夫さんのが一番いいのはわかりきった
ことですが、江口洋介さんの紋次郎も
これはこれで悪くないと思いました。

美術も必殺仕事人2009の美術監督も
兼ねてる映像京都のベテランの西岡さんだから
しっかりしてましたし、撮影もカメラワークも
かなり丹念に時間をかけて撮っていたのが
わかりました。話も面白かったです。
若村さんと渡辺いっけいさんはやはりこういう
役いいですね。

映像的にはフィルム撮影ではなく、
ハイビジョン撮影ですが、
映像をフィルムっぽく加工していましたが、
さほど違和感を感じませんでした。
どうしてもビデオ臭い場面があるには
あったのですが、これは仕方がないでしょうね。
今の時代はテレビドラマでフィルムを求めるのは
無理ですからね。それでも年1回スペシャルを
放送する鬼平犯科帳だけは
フィルム維持して欲しいですけどね。

でもこれだけの出来だったら
フィルムで撮って欲しかった気もします。
でも裏の必殺よりもフィルムに
近い映像だったと思います。

視聴率は5月7日まで出ませんが、
たぶん必殺には勝ったと思います。
でも何度もいいますが、スタッフも
一部ダブってますからぶつけるのは
やめて欲しいです。

主題歌もオリジナル版の上條恒彦さんが歌う
「だれかが風の中で」使用していたのもよかった
と思います。
企画を担当したフジテレビの能村さんには
これからも時代劇をがんばって作っていって欲しいです。
スポンサーサイト

<< 登録抹消 | ホーム | 夜光の階段(2) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。