SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ ベンジャミン・バトン 数奇な人生

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/08 (Sun) 20:53
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

80歳の姿で生まれ、成長するにしたがって
徐々に若返っていくベンジャミン。
彼は老人期(実際は幼年期)にデイジー
という少女と出会い彼女が
彼の人生にとって大きなかげかえのない
存在になっていきます。
そんな男の人生を描いた映画です。

吹き替え版で見ました。
ブラッド・ピットの声を山寺宏一さんが
担当されています。

一人の男の人生を、2時間46分という
長時間をかけて描いています。
長時間ですが、特に長いとは
思いませんでした。
脚本が非常によくできているから
だと思いました。

ただ、前半からは後半までは非常に
丁寧に描いていますが、
後半から終盤が少し駆け足気味
だったのが唯一残念な点です。
そのためにラストの余韻の感動が
もうひとつ伝わりにくかったかな
という感があります。
もう少しじっくりと描いていれば
ラストの余韻がまた違った印象
だったかもしれません。

人生で7回も雷に打たれたおじいさんの
エピソードはとても面白かったですね。
全部で6回くらいしかなかった
ようが気がしましたが、
話の入れ方は巧かったと思いました。

中盤、デイジーと再会して一緒に
暮らしてる場面があまりにも淡々と
描き過ぎていて少しだれた印象がありました。
もう少しエピソードを入れて欲しかった
感があります。
さらに再会してからは感動的に描かれて
いたのでそこは少し残念です。

全体的にそれほど大きな起伏なく
描かれている映画ですが、
ペンジャミンが乗っている船が
潜水艦から攻撃を受けるシーンは
かなり迫力ありました。
正直なところ、そこまであまりにも淡々と
描かれていたので
すこし目が覚めた印象です(笑)

どうでもいいですがパンフ900円は
高すぎです。
正直有名人の感想なんかいらないのです。
そんなものはあくまでもそれぞれの
主観でしかないのですからいりません。
そんなのよりスタッフやキャストの
インタビュのみに絞って欲しいです。

邦画の直接的な描写を多用した
映画に見慣れている人には
物足りない印象があるかもしれません。
それほどもりあがる場面はない映画ですから。
それでも私は総合80点をつけたいです。
本当は85点つけたいのですが、
終盤が描写不足だったので減点しました。
それでも非常にいい映画だと思います。
スポンサーサイト

<< 必殺仕事人2009(4) | ホーム | パソコンと私と(1) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。