SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 怨み屋本舗(1)

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/20 (Tue) 21:13
怨み屋本舗(1)

DVDのTVシリーズ全4巻(全12話)
のうちの第1話~第3話です。
各巻3話収録です。

第1話「怨みの方程式」
3人の妻を次々と事故を装って殺し、
総額3億円もの保険金を手に入れた男が
最後は怨み屋に社会的に抹殺されます。
怨み屋が送り込んだ工作員によって
男は罠にはめられるのですが、
その工作員から「俺は殺し屋じゃない、
殺され屋だよ」このセリフを聞いたとき
このドラマの怖さと奥深さを感じました。

第2話「失わない男」
ホストクラブで知り合った男と
関係を持った女性が、
情事の現場に隠しカメラを
仕掛けられてビデオに撮られ
それをネタに脅迫され
怨み屋に助けを求められます。

その男は他にも何人もの女性を
同じようにして強請っていました。
最後は殺し屋に社会的に抹殺されます。
これがけっこう怖い抹殺のされ方です。
命は取られないのですが、生きながら
地獄を見なければならない人生を
送るはめにされます。
この話は松重豊さん演じるヤクザぶりが
迫力あり非常に怖かったです。

第3話「イヤな女」
マンションの隣に住む女性から
執拗な嫌がらせを受ける主婦が怨み屋に
助けを求めます。
片桐はいりさんのイヤな女ぶりが見事でした。
怨み屋が最後に依頼者に言い放つのですが、
確かにこの程度では怨みを持つ
というところまでは普通は行かないと
思います。怒りくらいだと思います。
スポンサーサイト

<< 怨み屋本舗(2) | ホーム | 怨み屋本舗 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。