SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 2010年10月

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/10 (Sun) 16:17
10年先も君に恋して(終)

非常にさわやかな最終回でした。

恋をするということは本当にいいものです。
それを存分に感じさせてくれたのではないでしょうか。
ドキドキとハラハラとせつなさを十二分に
感じさせてくれたように思います。

毎回、ここぞという場面であの挿入歌が流れてくるのは
絶妙でした。最終回はこの曲をエンディングに
持ってきました。これは非常によかったと思いました。

この曲の歌詞の中にある
「もう一度~やり直せるのなら♪思い出が消えてもいい~」
「はじ~めて出会うのに♪愛されたい愛していたい」
「もう一度~君に会えるのなら♪今度こそ離れない~」
は男側(博)からヒロインの里花に対して歌った曲であったんですね。

ヒロインは10年後の博と出会い話をした記憶すべてが消えること
を彼から聞いていました。それならば、せめて彼と
出会ったことによって生き方、考えかたが影響を受けた
記憶をとどめておくのに残したあれは
グッドアイデアだったと思います。
おかげ10年後の彼女は自分らしさを
取り戻すことができたと思いたいです。
失いかけていた彼への愛も再認識できたと思います。
それがラストで博に対して微笑んでいた表情から
伺いしることができたように思います。

過去に戻って生き方をやり直すという
SFの設定でしたが、このドラマではそれが本題でなく、
過ぎ去った過去は変えられないけど、
未来は自分の気持ちや考え方次第でいくらでも
変えらるんだということを問いたかったんだと思います。

このドラマではまったく期待していなかった上戸彩さんの
好演が光ったと思います。非常に自然な演技だったと思います。
最終回のあのシーンはマジ泣きだったと思います。
それは見てる方にも伝わってきました。
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。