SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 特撮

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/29 (Thu) 21:11
ウルトラマン80(2)

デジタルウルトラシリーズの「ウルトラマン80」
DVDが6月と9月にBOXで発売されます。
定価は各2万4千円前後ですが、
アマゾンでは1万7千円前後が販売価格です。
各7枚組であることを考えるとかなり安い価格設定です。

3年ほど前に放送された「ウルトラマンメビウス」の
「思い出の先生」の回のとき、長谷川初範さんがゲストで80役で
ゲスト出演され25年以上ぶりに矢的先生を演じられたときは
かなり感動しました。

80はリアルタイムで見ていた世代なんですが、
今はもうほとんど記憶に残ってませんから、
今回のDVD-BOX買おうと思っています。
スポンサーサイト

2010/04/03 (Sat) 18:52
ウルトラマン80

デジタルウルトラシリーズでようやく
「ウルトラマン80」がDVD化されます。
前作のウルトラマンレオからかなり期間が空いたので
もう80はDVD化されないのかなと思ってました。

今回のボックスは今までのデジタルウルトラシリーズより
値段が下げられています。
やはり80はマイナーな作品ということもあるんでしょう。

TVシリーズは矢的先生編や後半UGM編などへと
変更されるなどの諸々の事情があった作品です。
それでも、CGなどのデジタルが無い時代の特撮ですが、
昭和ウルトラシリーズの中でも、
最高レベルの特撮だったと思います。

それまでのウルトラシリーズとは明らかに系統の
違う主題歌、当時大流行していた大映テレビの青春ドラマを
彷彿させる展開も入っているそれまでのシリーズとは
異質シリーズです。

映像関係はデジタルウルトラシリーズで
最高水準でリマスター化されるみたいなので心配ないですね。

2009/12/24 (Thu) 20:31
ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース

私はウルトラマンシリーズは好きでウルトラマンからレオまで
全作DVDを持ってますし、
平成ウルトラマンだって毎週みてました。
特に表題のウルトラマンメビウスは後半
、往年のウルトラマンを演じた俳優陣が同じ役で
およそ30年ぶりにゲスト出演されるということで
本当に楽しみに見ていました。
かつてのウルトラマンエースでヤプールに魂を打った
青年役で出演されていた清水綋治さんがメビウスで
黒さんが黒づくめの男(異次元人ヤプールの人間体)
として再び出演されたときもかなり驚きまたうれしかったです。

確かに特撮的な予算は不足していて迫力には欠けてはいたのは
事実ですが、それでも十分楽しめる内容でした。

これはそのメビウスの外伝的な作品でもあり、
TVシリーズの続編でもあります。
ところが、すべてにおいて酷い出来としか
いいようがありませんでした。

人物以外はすべてCGで描かれ、かつて全盛を誇った
ミニチュアはまったくありませんでした。これだけでも
往年のウルトラマンファンの私としては
がっかり感が強かったのですが、
今回、そのCGの背景の中でぬいぐるみの
ウルトラマンが動いているだけでした。
人間体の出演はもちろんありませんし、
人間もまったく登場しませんでした。
そのCGの出来がよければいいのですが、これまた酷い出来です。
合成前はウルトラマンはグリーンバックの背景で撮影された
のをCGに合成されたのでしょうが、
そのグリーンバックの反射した影がウルトラマンらに
映り込んでいる上に、合成抜きが甘く、
ウルトラマンらにちらつきがかなり見られます。

昔からの特撮ファンにはもう残念どころか、
これはもはや許せないレベルの出来だとしかいいようがありません。
おそらく予算が相当ないんだと思いますが、
バンダイももっと予算を出すべきだと思います。
こんなのじゃウルトラマンの宣伝にもならないです。
最新映画の宣伝はおろか、
キャラクターグッズの販促ビデオにもならないです。
マイナスイメージしか残りませんから、
こんなもの作るんだったら作らないほうがましです。

2009/02/26 (Thu) 20:02
侍戦隊シンケンジャー(2)

非常に面白いです。
仲間の不和・対立を絡めつつ
うまくキャラクターを描いています。
さすが小林靖子さんです。
この方はこういうドラマをかかせると
かなり巧い方です。

私は小林さんがほとんど書かれた
未来戦隊タイムレンジャー見てましたが、
これはかなりの傑作です。
もしかするとそれ以来の
戦隊シリーズの傑作になる
かもしれません。
はっきりいって下手なゴールデンタイム
のドラマなんかよりよっぽど面白いです。

前回にVARICAMで撮影と
書いたのですが、違ってました。
レッドワンというデジタルハイビジョン
カメラ
での撮影です。
このカメラはフィルム用のレンズとかの
機材をそのまま流用できるそうです。

画調は明らかにVARICAMよりも
フィルム撮影に近いです。
ただ、明るいシーンはフィルムに
かなり近いですが、
夜のシーンがやや弱い気がします。

次回以降ももちろん見ます。

2009/02/15 (Sun) 10:13
侍戦隊シンケンジャー

このシリーズ久しぶりに見てみました。
私は時代劇が好きなのでこういうのは
楽しかったです。
剣を使った殺陣のシーンが
かっこよくてなかなかいいです。

今回からビデオ撮影になったようですが、
普通の人には違いはそれほど
わからないと思います。
VARICAMで撮影ですから
フィルム的な画調です。

同じVARICAMでも水戸黄門の
デジタルくさい画質はどうかと思いますが、
これならあまり問題はないですね。

その水戸黄門で関係するのですが、
昔、格さんをやられてた伊吹吾郎さんが
爺さん役ででておられますが、
かなりはじけてます。
でもいい感じです。これからにも期待!

脚本が小林靖子さんだから
今後シリアスな展開になって
いくかもしれませんが
とりあえず面白いので次回以降も見ます。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。