SEO対策
ezカウンター
オフィス家具 移転医療求人寒天フリーメール中学受験 家庭教師アンケートプロフィール中国語教室 大阪結婚相談東京
じじねたン ~はれのちくもり~ 映画

プロフィール

内外野席(うちそとの むしろ)

Author:内外野席(うちそとの むしろ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/04 (Fri) 21:45
ゼロの焦点(2009年版)

原作/松本清張 脚本/中園健司・犬童一心 監督/犬童一心
(2010年6月4日レンタル開始)

結論から言うと、原作の持ち味が生かされてません。
最後も原作と違います。

2時間サスペンスのお約束のクライマックスで犯人が崖で罪を告白
というパターンはこの作品が元になっています。
その原作を生かすのかなと思ったら違ってました。
あえて変える意味はあったのかと問いたいです。

主要キャストのうち、木村さんと中谷さんはかなり
良い芝居をしているとおもいます。
中谷美紀さんはまさに怪演ですね。
木村多江さんは不幸な役をやらせたら
たぶん日本で一番うまい女優さんだと思います。
が、しかし、広末さんがすべてぶちこわしと
言ってもいいと思います。
あのブリッ子で舌っ足らずのしゃべり方
本当になんとかならないでしょうか。
彼女、もう私生活では子供いるんですよね?
なのにいまだにブリッ子演技では見てる方が別の意味で
目頭が熱くなります。
私は原作も読んでますが、この人本当に役づくり
してるんですかと疑いたくなります。

ナレーションも広末さんこれも酷いのひとことにつきます。
説得力なんてあったもんじゃありません。

相対的にみて決して悪い映画ではないと思います。
広末さん以外の2人の女優さん、セット、終戦後の日本、衣装、
映像すべてがんばっていたと思いますが
彼女一人がこの映画をすべてぶちこわしにしていると
言っても過言ではないと思います。

エンドクレジットで流れる中島みゆきの歌声は
かなりインパクトがあるものでした。

スポンサーサイト

2010/05/18 (Tue) 20:13
沈まぬ太陽(DVD)

劇場での原盤をそのままDVDにプリントしただけのような気がします。
劇場で途中で入るインターミッションもそのままあります。
DVDに収録する許容時間(180分)を超える
210分収録のため画質がかなり悪いです。
こうなるんなら本編2枚組にした方がよかったように思います。

210分に相当内容詰め込んでますから
見応えはありますが、でもそれでもやはり時間が足りないと
感じる場面が多々あります。その点は残念です。

2010/03/28 (Sun) 21:08
女囚さそりシリーズ

有名なさそりシリーズをやっと見ました。
やはり想像したとおり凄まじい映画でした。

今回、4作すべて見ましたが、
主演の梶芽衣子さんがかっこよくて美しすぎます。
あの目力はただものではないです。
あの挑発的かつ、挑戦的な目にやられます。

それだけでも十分に見れる映画です。
気品があって、かつ目に恐ろしいほどの妖しい
迫力と魅力があり、かつ芝居も歌も相当にうまい。
こんな女優さん今はもういないですよね。

ある意味梶さんはこの映画が作られた70年代、
吉永小百合さんと対極の位置にいる女優さんだった
のではないでしょうか。
もちろん吉永さんも若い時からかなりの美貌でした。

梶さんといえば、往年は大映テレビのドラマで主人公の
母親役や理解者を何度か演じられて以後、鬼平犯科帳の
の密偵おまさ役はあまりにも有名ですね。
なお、梶さんは母親役演じられていたときも
そしても今なおも独身なんですね。

梶さんが歌う怨み節の歌をバックにして復讐が始まるシーンは
凄いです。シリーズ第1作目にしてこの1作目が
一番の出来だと思いました。
1作目にパワーがありすぎて以降だんだんパワーが
落ちてるのがわかりました。
それでも白石加世子さんが出ておられた2作目はまだ十分な
パワーありましたけどね。

4作目で監督が伊藤俊也監督から長谷部安春に
替わられて別の映画になってしまっているのがもったいないですね。
長谷部監督自身もあぶない刑事シリーズや相棒を
撮られた監督ですからかなりの方なんですけどね。

今後、同じ梶さん主演の修羅雪姫シリーズも見てみたいと思います。

2010/03/16 (Tue) 21:49
他局のマネ

4月17日土曜日フジテレビ系で
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編特別編」が放送されます。

日本テレビがデスノート後編上映に男合わせて前編
をTV放送したときフジテレビはかなり批判しました。
当時日本テレビと配給元のワーナーブラザースは
DVDの売れ行きに影響がでることが覚悟の上で
あえて前編をDVD発売前に放送しました。

それなのに今回同じやり方をするフジテレビ。
あれだけ当時批判したから絶対に同じやり方
はしないんだろうなと思っていたんですが、
ほとぼりがさめたのか、日本テレビが以後、特別編と称して
放送を重ねたからかわかりませんけど、
今回同じ戦法をとってきました。これはどうなんでしょうか。

のだめ前編の映画が思ったほどヒットしなかったったというのも
かなりあるとおもいますけど、こういう他局の批判をしておいて
結局同じやり方をまねるのは節操がないとしかいいようがないです。

結局マネするなら最初から批判するなといいたいです。
批判したからには同じやり方をするなといいたいです。

2010/02/21 (Sun) 20:37
2012(DVD)

昨年11月21日に公開された「2012」が
3月19日にDVD&ブルーレイ化されます。
なんだかかなり早いDVD化のような気がします。
作品はCGなどの映像技術はかなり凄いものがありますが、
物語はかなり微妙で突っ込みどころ満載でした。
劇場でも見ましたけど、DVD化されるのであれば、
レンタルルで借りてまた見てみようかなと思います。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。